セロトニンとは

セロトニンは脳内に存在する情報伝達物質です。私たちの体はさまざまな伝達物質によって動かされていますが、特にセロトニンはノルアドレナリンなどとともに脳を司る三大伝達物質として重要な役割を果たしています。 セロトニンの役割は、ドーパミン(喜びや快楽のホルモン)やノルアドレナリン(興奮を促すホルモン)の過剰分泌の抑制や調整などです。これにより、精神の安定が保たれています。

幸せホルモンともよばれるセロトニン

セロトニンが正常に作られている体は精神的に落ち着いた状態を保てます。脳も活性するため仕事や家事なども前向きに楽しくこなせるようにもなります。 また、怒りの感情を促すノルアドレナリンの抑制もするため、イライラすることもなくなり穏やかな気持ちで生活を送れるようになるのです。 また、異常な食欲であったり、アルコール依存などは、ドーパミンの異常分泌が原因とも言われていますが、セロトニンにはドーパミンの抑制作用もあるため、過食症や依存症などの予防改善にも有益です。セロトニンは私たちの気持ちを幸せにしてくれる作用があることから、幸せホルモンとも呼ばれています。 その反面、セロトニンが不足すると、気分が不安定になりうつ病や不眠症などの精神疾患を患うこともあります。また日常では常にイライラしたり、何もないのに極度の不安に襲われたりなどの感情に支配されやすくなります。

セロトニンを増やすためには

このように私たちが毎日幸せな気持ちで生活をするためには、セロトニンが必要になります。セロトニンは日中の活動中に脳内で作られますが、特に起床時に太陽の光を浴びることで大量に作られるので、目覚めたときに光を浴びるのはセロトニンを増やすためにとても有効です。 また、セロトニンの原料は必須アミノ酸の一種トリプトファンです。トリプトファンは食事を通して体内で合成をされるため、トリプトファンを多く含む食品などを積極的に摂るようにするのも有効です。

セロトニン不足は病気のもと

セロトニンがしっかりと分泌をされていれば、気分は安定し、仕事や家事などの意欲も高まりますが、逆に不足をすると不眠症やうつ病などの原因にもなってしまいます。 最近ではセロトニン不足の現代人が多いことが社会的にも問題となっていて、うつ病患者の増加などもこれに関係していると言われています。 セロトニンは脳内で分泌をしますが、不規則な生活やストレスなどが原因で不足をしてしまいます。ですから、日頃からセロトニンを増やす生活を心がけることが大切です。

プレッシャーやストレスに打ち勝つためのセロトニン

仕事や育児などのストレスやプレッシャーから思うように感情をコントロールできなくて悩んでしまう女性も少なくありません。 現在は女性だって社会に出れば男性と同じ能力を求められる時代。たとえ能力があったとしても体力的な問題など […]

「プレッシャーやストレスに打ち勝つためのセロトニン」の続きを読む

睡眠にかかわるセロトニンとメラトニンの関係

現代人の実情として5人に1人の割合で睡眠になんらかの問題を抱えていると言われています。 質の良い眠りは、体の健康だけではなく精神の健康にも関係します。毎日快適な眠りを保つことは心と体の健康にとても重要なのです。 セロトニ […]

「睡眠にかかわるセロトニンとメラトニンの関係」の続きを読む