セロトニンの増やし方

太陽の光を浴びるとセロトニンが増える?

セロトニンは日中に分泌をされて睡眠中には分泌を休止します。もっともセロトニンが多く分泌されるタイミングは、朝起きて数時間後、太陽の光を浴びるときです。

光を浴びることで脳が刺激を受けセロトニンの分泌が活性します。昼と夜の生活が逆になっていたり、部屋にいるばかりで光を浴びないと、セロトニンの分泌バランスが乱れてしまい、精神疾患につながるので意識をして光を浴びることはとても重要です。

セロトニンを増やすためには最低でも15分程度光を浴びるのが理想と言われています。

適度な運動とトリプトファンの摂取も有効

階段昇降やスクワットなど一定のリズムでおこなう運動にはセロトニン神経が活性化するという研究報告があります。

ウォーキングやサイクリングなどでも同様の効果が得られるので忙しいかたなどは通勤途中に一駅分を歩くことでもセロトニンの活性化につながります。

セロトニンの原料となるのは必須アミノ酸の一種であるトリプトファンです。ですからトリプトファンを十分に摂取をすることでセロトニンが作られやすくなります。

トリプトファンは鶏肉や豚肉、大豆類などに多く含まれますがサプリメントなどでも摂取は可能です。最近イライラしやすかったり、仕事への集中力が続かなかったりするかたはセロトニン不足の可能性があります。

セロトニンを増やす食材は?

心が不安定だとちょっとしたことでイライラしたり、すぐに落ち込んだりしてしまいがちです。これは、私たちの脳内に存在するセロトニンの増減が関係をしています。

セロトニンは、ドーパミン、ノルアドレナリンと同様に人間にとってとても大切な情報伝達物質で、これにより精神の安定は保たれています。ドーパミンやノルアドレナリンが欲求や興奮作用を引き起こすのに対し、セロトニンはこれらを沈めて心を安定させる作用をします。

そのセロトニンは食材からも摂れることを知っていますか?

セロトニンは食材からも摂れる

セロトニンがしっかりと脳内で作られることは気持ちを穏やかに保つためにとても必要です。しかし不規則な生活や、極度のストレスなどを感じることでセロトニンはすぐに作られにくくなるため、現代人はセロトニン不足と言われています。

毎日を楽しく過ごすためにもセロトニンをたくさん作ることはとても重要ですが、セロトニンをつくるには規則正しい生活や、適度な運動を取り入れる、そしてバランスの良い食事が大事と言われています。

食事に関して言えば、セロトニンを増やすためには、セロトニンの原料を体内で増やす必要があります。そして、その原料がトリプトファンです。

トリプトファンは必須アミノ酸の一つで食品を通して体の中で合成されます。このため、トリプトファンを多く含む食材を積極的に摂ることでセロトニンがしっかりと合成されていくのです。

トリプトファンを多く含む食材

トリプトファンは肉や魚などの良質なたんぱく質に多く含まれますが、なかでももっとも多く含む食材がカツオです。カツオには良質なアミノ酸が豊富に含まれているほか、脳の老化を防止するDHAなども多いため毎日でも食べたい食材です。

マグロやサンマもトリプトファンが豊富です。くるみもトリプトファンを多く含む食材として知られています。クルミを積極的に食事に取り入れることでストレスが緩和状態に向かうことも立証されています。

http://www.fpbord.com/

おやつの時間にくるみを食べることで日中のストレス軽減にもつながるのでスナック菓子を食べるよりもくるみを食べてトリプトファンを増やしましょう。

コメントは受け付けていません。