二日酔いを対策するにはどうするのがいいのか?

なってしまうと、次回からはもう飲みすぎるのはやめようと毎回思うのですが、つい盛り上がってしまうと飲みすぎて二日酔いになってしまいます。二日酔いの対策というと、昔からいろいろな方法、中には本当かどうかわからない噂なんかもたくさんあるのですが、そういう説のなかでどれが二日酔い対策にいいんでしょうか?

二日酔い対策としてよくいわれるのが、スポーツドリンクを飲むということですが、スポーツドリンクは水分を補給し、不足しているミネラルなどを補うため通常の水よりもいいみたいです。

ただし、お酒を飲んだ直後にスポーツドリンクを飲むとアルコールの吸収を早めてしまうので飲んだ次の日の水分補給にはいいと思います。

二日酔いはなぜ起きるのか

アルコールを摂取すると、アルコールが胃で吸収され肝臓で毒性の強いアセトアルデヒドに分解されます。そして次にアセトアルデヒドが酢酸に分解され、最後に尿や汗となって体外へ派出されます。

アルコールが分解される速さは一定で決まっているので、その人個人の持つアルコールの分解能力よりもっと速いペースでアルコールを摂取したり、自分の持つアルコールの許容範囲よりも多いと分解できないアルコールやアセトアルデヒドが全身にまわり頭痛や吐き気などの不調を引き起こすのです。

ただ、この酔いが二日酔いの原因ではなくアセトアルデヒドが分解されないことが原因で二日酔いになるといわれています。

二日酔いをするまでの飲酒量

では、どのぐらい飲めば二日酔いになるのかというと、当然個人差はあるだろうが体重に換算した飲酒量で計算できます。二日酔いをしないための飲酒量については、以下のサイトでチェックできます。このサイトの計算方法によると、やはり体重あたりで二日酔いのなりにくさなどがかわってくるようです。

ただ、これは通常の状態での計算式、たぶんピッチが早かったり、体調が悪かったりするともっと飲酒量が少なくても悪酔いしたり二日酔いしたりするんだと思います。

参考:二日酔いしないための飲酒量

二日酔いの対策、結局は

二日酔いの対策としては、やはり水を飲む、ヘパリーゼを飲む、ハイチオールCを飲む、緑茶を飲む、グレープフルーツジュースを飲む、ハチミツを食べるなどが効果が高いようです。

参考:二日酔いを治す!効果のある予防と対策方法まとめ

そうなると、選ぶのは一番安価な「水」ということになるんだけど、でも水飲むのって当たり前すぎてなんか二日酔い対策しているって感じには思えないのが非常に残念なところです。

結局のところ、やはり最強の二日酔い対策は「飲まないこと」、お酒は百薬の長とはいうけれど飲みすぎはやっぱり体によくないでしょう。

肝臓の調子が悪いと二日酔いがひどくなることも

アルコールを処理するのは、肝臓の仕事です。そのため、肝臓が弱っているとアルコールの代謝がうまくいかず血液中にアルコールが入り込み、血中アルコール濃度が高まってしまいます。

これでは、どんなに二日酔い対策をしようともなかなかうまくいかないということになります。逆にいうと肝臓を健康な状態に保っておくことが、悪酔いや二日酔いを防止する最良の方法ともいえるでしょう。

肝臓を元気にするには、アルコールを飲みすぎない、休肝日をつくって毎日お酒を飲むことを避ける、おつまみと一緒に飲酒する、油の多い食事を避けて、健康的な和食を中心にするなどがよく知られた方法です。

結局、肝臓で食べ物やアルコールを処理するため毎日の食べ物は重要ですが、中には一人暮らしや忙しくて食事に気を付けることができないという人もいると思います。そういう人はサプリメントを活用することでもいいでしょう。

参考:肝臓に効くサプリメント特集!おすすめランキング

コメントは受け付けていません。