女性とセロトニン

女性特有の生理の悩みにはいろいろなものがあります。特に生理前のイライラや体調不良などは多くの方が経験をしているのではないでしょうか?

生理前に生じるこれらの不調には、セロトニンが大きく関係しています。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれる情報伝達物質の一つで、精神を安定させストレスを軽減したり、イライラとする気持ちを抑えたりする作用があります。

このためセロトニンが充分に備わっている状態では常に心がおだやかですが、不足をしてしまうことでイライラやや集中力低下、倦怠感などが生じてしまうのです。

生理前の不快はセロトニン不足が原因?

そしてこのセロトニンは生理前になると通常よりも作られにくくなります。これが生理前のイライラや精神的不安定につながっているのです。

さきに説明したようにセロトニンは、精神を安定させたり、ストレスを軽減して気持ちをリラックスさせる作用がありますが逆に言えば危機判断力の低下にもつながっています。妊娠可能期間や妊娠中の女性は胎児を守る本能が働き常に緊張感を持っている状態です。

このときに緊張を解きほぐすセロトニンはいわば邪魔者でしかなく、体の機能が必然的にセロトニンの分泌を低下させているのです。これにより生理前などは精神的ストレスが大きくかかるようになってしまいます。

とはいえ生理のたびにセロトニンが不足してイライラや憂鬱な気分になるのは避けたいものです。そのためには積極的にセロトニンを蓄えることが有効です。

セロトニンを積極的に補う方法

セロトニンは毎日の生活習慣や食生活などでも蓄えることが可能です。セロトニンが作られるのは、日中です。さらに太陽の光を浴びることで多くのセロトニンが作られます。

ですから朝はなるべく外に出て太陽の光を浴びることでセロトニンは増えやすくなります。また、セロトニンの原料となるトリプトファンを積極的に摂ることも効果があります。

トリプトファンは必須アミノ酸の一つで魚や肉などのタンパク質を多く含む食品から摂ることが可能です。最近ではトリプトファンの含有量を多くしているサプリメントなどもあるので、そうしたものを服用するのもおすすめです。

コメントは受け付けていません。